So-net無料ブログ作成

自民の代表質問批判=「国会でなければ名誉棄損」―官房長官(時事通信)

 仙谷由人官房長官は16日夜の記者会見で、今国会について「野党の質問が『政治とカネ』に偏った。必要な政策論議が少なかった」との見解を示した。仙谷長官は、15日の参院本会議で政治とカネの問題を中心に代表質問を行った自民党の西田昌司氏を念頭に、「罵詈(ばり)雑言を投げつける質問をしたアッパーハウスの方がいた」と指摘。その上で、「国会でなければ名誉棄損の告訴状が3本も4本も出ざるを得ないような議論はいかがなものか。答弁も求めないやり方はフェアでない」と批判した。 

【関連ニュース】
テレビ朝日の控訴棄却=マンション建設名誉棄損
メール無断掲載でメーカー次長逮捕=元交際相手の名誉棄損容疑
民主山岡氏が請求放棄=新潮社相手の名誉棄損訴訟
INAX下請け役員を中傷=ブローカー再逮捕
県、市の名誉棄損認めず=校長自殺報告書訴訟

菅首相「なぜ問責決議案が出るのか理解できない」(産経新聞)
学校早退しひったくり、容疑で中3生2人逮捕(読売新聞)
弾みで言い過ぎた=「官僚は大ばか」発言を修正―菅首相(時事通信)
口蹄疫対応「反省点ある」=参院で代表質問―菅首相(時事通信)
【風】世界相手に闘志見せて(産経新聞)

<参院選>7月25日が有力に 国会会期延長で(毎日新聞)

 菅直人首相は4日の記者会見で、16日に会期末となる今国会の延長問題について「新しい体制の中で議論が必要だ」と述べ、延長を検討する考えを示した。重要法案の成立を目指す考えで、民主党内では2週間程度の延長が必要との見方が出ている。この場合、参院選は7月25日投開票が有力となる。

【特集】2010参院選 予想の顔ぶれ 新党の動向など最新情報

 菅氏は首相指名選挙に先立ち国民新党の亀井静香代表と会談し、「郵政改革法案の速やかな成立を期す」とする連立合意を結んだ。亀井氏は「法案を成立させ、参院の中に菅首相支持の流れを作っていく」と述べた。民主党は当初、16日に国会を閉会し、7月11日に参院選を実施する方針だった。

【関連ニュース】
【20代、落選したころの写真も】第94代首相に 菅直人氏の歩み
【民主党の党内人脈図2010】親小沢、半小沢の図式が一目で分かる
100人アンケ:衆院選で民主に投票、「参院選も民主に」は半数強/容易ではない新政権の船出
菅首相誕生:「明るく、責任感強い男」中学時代の同級生が語る/表彰状なくしたエピソードも
菅首相:官房長官は仙谷氏 「枝野幹事長」案は党内に異論

中国大使館に侵入の男逮捕 天安門事件リーダーのウアルカイシ氏?(産経新聞)
代表選は4日、会期延長せず 小沢氏ら執行部も辞任(産経新聞)
花しょうぶ 愛知県豊橋市で満開に(毎日新聞)
財政健全化めぐり議論=G20財務相会合が開幕(時事通信)
鳩山内閣が総辞職へ=262日、5番目の短命(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。